熊本ソフトウェア株式会社イメージ

  • 総務育成事業部
  • 総務管理室
  • 業務推進室
  • 教育研修室
  • ITスキルアップ研修
  • 総務管理室
  • 産業廃棄物マニュフェスト管理センター室
  • 能力開発事業部
  • 身体障害者ソフトウェア開発訓練センター
  • チャレテレ支援グループ
Adobe - 無償の PDF ビューア、Adobe Reader のダウンロード

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAcrobat Reader®が必要です。

能力開発事業部

能力開発事業部では、身体に障がいをお持ちの方を中心にした、社会貢献につながる事業を実施しています。就労に必要な技術習得から始め、実際に企業での就労(住宅就労も含む)に結び付けるまでの過程を一貫して実現できるよう取り組んでいます。

身体障害者ソフトウェア開発訓練センター

  • 身体障害者ソフトウェア開発訓練センター・イメージ1
  • 身体障害者ソフトウェア開発訓練センター・イメージ2

身体障害者ソフトウェア開発訓練センターは、平成7年4月に熊本県立熊本高等技術訓練校(平成25年4月に「熊本県立高等技術専門校」に改称)の委託を受けて開設し、毎年10名の訓練生を受け入れています。

身体に障がいを持った方が、情報処理技術者として社会に貢献することができる能力を身につけ、職業人として自立することを職業訓練として支援します。

訓練期間は2年間で、システム設計科とデータベース設計科の2つの科があり、それぞれに特色のある訓練内容になっています。

また、就職は修了生100%を実現し、自治体や熊本県内外を問わず多くの企業に採用していただいています。

※身体障害者ソフトウェア開発訓練センターの詳細はこちらから

チャレンジド・テレワーク事業(在宅就労支援)

チャレンジドテレワーク

障がいを持っている人も個人事業者として、ICTを活用して在宅で仕事を行なっていくための取り組みです。在宅等の遠隔地であっても、複数の人たちが協力し合い、より付加価値の高い仕事を行なえるように環境を整えています。

当事業の前身は、熊本県が平成14年度から22年度まで行った、障がい者の在宅就労を支援するための「チャレンジド・テレワーク推進事業」です。熊本県が事業を終了したあとを継続して、「チャレンジド・テレワーク事業」として取り組んでいます。

チャレンジド:障がいのある人で、挑戦というチャンスを与えられた人といった意味を持つ。

テレワーク:ICTを利用した、場所・時間にとらわれない働き方を指す

事業概要
1)障がい者テレワーカーへの仕事の依頼およびOJTの実施
  • ①各テレワーカーの能力を十分に発揮できる仕事の実施
  • ②仕事の質の確保や納期を守るための充実したプロジェクト管理
2)企業等からの発注促進
  • ①既存の顧客への、定期的なPR
  • ②未発注企業に対して、発注事例・成果物を紹介
チャレンジド・テレワーク事業HP
http://www.challe-tele.jp/