熊本ソフトウェア株式会社イメージ

  • 講座案内
  • 公開講座スケジュール・カレンダー
  • 未経験者・新入社員向け
システム開発技術者育成コース
  • オフィス系コース
  • アプリケーション開発技術コース
  • ITマネジメントコース
  • スマートデバイス・アプリ開発技術者コース
  • 仮想化・クラウド化技術コース
  • Webアプリ開発技術コース
  • 資格取得コース
  • ヒューマンスキル・階層別研修
  • 未経験者・新入社員向けJava Web技術者養成コース
  • 九州地域IT関連産業 活性化人材養成等事業
  • 職業訓練

  • 人材派遣
  • 人材派遣・紹介
Adobe - 無償の PDF ビューア、Adobe Reader のダウンロード

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAcrobat Reader®が必要です。

ITマネジメントコース

企業が「IT経営」に積極的に取り組み始めた今日、ビジネス上の課題を見える化し、ソリューションを見いだす手法、顧客の要求を引出しシステム要件として定義する能力、またその過程で必要となるファシリテーション能力、さらにはITプロジェクトを成功に導く能力等について学習します。
研修コード講座名日数研修効果
4-1 BABOK概要 1 「BABOK(Business Anaiysis Body of Knowlege)」を活用する事により、「経営層の要求を的確につかむには」、「ステークホルダー間の意見を調整するには」、「課題解決策の実現性を見積もるには」と言ったスキルを高めます。特にBABOKの7つの知識エリアについて基本的な理解を図ります。
4-2 IT経営のための
要件定義
1 上流工程で最も重要であるユーザーの「要求の分析」から「要求定義」にまとめる過程で必要な、現場の要求と、システム化に必要な要件の「引出し方」、「まとめ方」等を学習します。その過程でビジネスプロセス・マネジメントについて体得します。成果物としての「RFP」作成の演習も行います。
4-3 ファシリテータ養成 2 職場やビジネスの様々なシーンや場面で「支援と促進」ができる人材【ファシリテーター】を養成する講座です。具体的には「会議」の場、「問題解決」に際して、「合意形成」の場、また「対立解消」を進める場面等々での相手や集団に対する心理状態や特性に応じた「支援と促進」ができるための”基礎知識”と”実践技術”を実際の状況を想定したケーススタディを通じて習得します。
4-4 PMBOK実践 2 ケーススタディによりPMBOKの知識をどのように実務に活用するかを体得するためのコースです。実際のコンサルティング事例から得られた失敗しないためのプロジェクトマネジメントのノウハウが学べ、実際のプロジェクトにフィードバックすることができます。
4-5 モデル分析IoTビジネス 1~ IoTサービスについて理解し、アイデアの出し方、発展のさせ方、拡大の仕方や、ビジネスモデルキャンパスを理解します。絶えず変動するビジネスモデルを深掘りし、IoTサービスとして実践するためのビジネス分析をチームワークで学習しますISO21500(PMのISO),ポートフォリオマネジメント、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント概要についても学習します。
4-6 プロジェクトマネジメント実践
(初級編)
1~ プロジェクトやプロジェクトマネジメント(PM)とは何か、本当の意味の全体プロジェクトマネジメント(PPPM)とは何かを理解します。プロジェクトマネジメント(PM)をチームワークで実践、体感します。
4-7 プロジェクトマネジメント実践
(中・上級編)
1~ 中上級プロジェクトマネージャが、複数のプロジェクトをどのような形で実践するかを学習します。組織の中で、中堅管理職クラスの責任者がプロジェクトを統括するためのポイントや、ビジネス分析とPPPMの繋ぎ方を学習し、チームで実践、体感します。
4-8 PM管理のためのPMOと
リーダーシップ
1~ プロジェクトを支援、リード、監査する組織をどうやって実現するのかを学習します。プロジェクト・マネジメント・オフィスの機能やビジネスの方向を考え投資と回収の効率を支援するポートフォリオマネジメント、それらを推進するPM関係者の備えるべき能力、リーダーの学ぶべき能力について、理解を深めます。
4-9 ビジネス企画とBRM 1~ 研究開発から商品化・事業化へ向けての行動計画やベネフィットリアライゼーションマネジメント(BRM)、付加価値の付け方、選び方、PPPMへの分解、リスクの考え方、リスクテイクや差別化組込みについて学習し、チームで実践、理解します。